DFFOO

【DFFOO】幻獣周回は「オート」で問題なし?!仕様変更により周回が楽に

DFFOO(オペラオムニア)の、幻獣ポイント集めでオート周回する方法を掲載。おすすめキャラや、オート周回の注意点にも触れていますので、快適に周回したい人は参考にしてください。

幻獣ボード周回緩和に先駆け

イフリート 「レジストヴェール」が発動なしに
シヴァ 「レジストヴェール」が発動なしに
ラムウ 結晶のHPが下がり、ラムウへBRVダメージが入りやすく
リヴァイアサン リヴァイアサンにBRVダメージが入りやすく
履行技でステータス上昇廃止
ブラザーズ ブラザーズ合体後のHPが下がった
ブラザーズ合体後のリキャストゲージ量が少なく
一部バフの効果期間減少

6/14(金)のアップデートにより、今後実施される「幻獣ボード緩和」に先駆けて、ボスの弱体化が行われました!

そして、ボスの弱体化により、一部幻獣ボードの周回が、編成次第でオートでも問題なく周回できるようになりました!

Jleg
Jleg
完全にオートだと安定しにくいボスもいますが、半オートだとド安定です。

幻獣ボードのオート周回おすすめキャラ

ケットシー 開幕からバフ付与、HP攻撃+でBRVシーソー可能
エーコ  開幕からバフ付与、開幕に付与されるバフの延長可能。HP攻撃+は微妙。
ヤ・シュトラ  開幕に「生命の鼓動」を使う手間があるが、ケットシーと同じく適性度高め
パンネロ  開幕に「ステップ」を付与する手間があるが、適性度高め

ズバリ、開幕からバフが付与される効果を持ち、「HP攻撃++」が使用できるキャラを編成することで、オート周回が可能になります。加えて、味方へのBRV供給を行えるキャラであると、より安定することができます。

特にケットシーが有用で、バフの多さだけでなく、「HP攻撃+」でBRV攻撃を挟んだ上で味方に供給できることが、地味に強力でした。

一見、開幕からヴァルファーレで攻撃できるユウナは適性度が高いように見えますが、期間が6アクションと短く、実際に使用してみるとあまり安定はしませんでした。同じ理由でイグニスも適性度は低いです。

Jleg
Jleg
手動とは違い、いろんなキャラを編成して一度に幻獣ポイントを貯めることはできませんが、1キャラのみポイントを上げたい場合にオートはおすすめです。

フレンド入れ替えもあり

通常、オート周回を行う場合は、ボードを上げたいキャラに加え、オート周回適正キャラで挟む必要があります。

しかし、オート周回適正キャラの能力が低い場合は、フレンドと入れ替えてしまうことがおすすめです。

フレンドと入れ替える場合は、火力特化したキャラではなく、BRV供給などサポート性能が高いオートで有用なキャラを選択しましょう。

実際にオート周回してみた

イフリートへの挑戦

イフリートへの挑戦は、開幕からバフが付与可能なキャラはもちろん、BRV攻撃やHP攻撃の変化で多段攻撃を行えるキャラも強く活躍します。

ボスのHPもかなり低いため、オートで問題ないクエストです。

完全オートおすすめ編成

エーコ/ケットシー

シヴァへの挑戦

シヴァへの挑戦は、ケットシー・エーコの組み合わせであれば、ケットシーのバフが切れる前に倒し切れることがほとんどでした。

単体から複数に分身するフェーズがあり、アクション数がかかりますので、半オートだと安定しやすいです。例えば、ヤ・シュトラを編成しておいて「生命の鼓動」を使用してから、オートにすることをおすすめします。

完全オートおすすめ編成

エーコ/ケットシー

ラムウ・リヴァイアサンへの挑戦

ラムウへの挑戦と、リヴァイアサンへの挑戦は、幻獣ポイントを上げたいキャラをフレンドと交換することを、おすすめします。同時に、完全オートでは厳しいので、開幕だけ操作する形になります。

フレンドのおすすめキャラは、セッツァーです。理由はBRV攻撃のヒット数が多く、BRVを削ることができるからです。ボスがALL攻撃などで高BRVを保持しがちなので、即死攻撃を回避するためには必要です。

おすすめ編成

ヤシュトラ/ケットシー+セッツァー(フレンド)

ABOUT ME
Fec Jlegend
Fec Jlegend
ソーシャルゲームのWEBライターで、元グラフィッカー。PCゲームを中心に嗜んでおります。FF14では、Titanサーバーで活動中。現在はゲームよりも、WEBサイト運営やSEOに熱を上げています。