DFFOO

【DFFOO】エッジとパンネロが真化解放!性能は?引くべき?

パンネロとエッジの真化解放

DFFOO(オペラオムニア)の、エッジとパンネロの真化性能解説です。真化優先度や、キャラクターの役割などを掲載。ガチャを引くか悩んでる方や、真化解放を悩んでる方は参考にしてください。

エッジとパンネロが真化解放!

6/14(火)に配信された、アルティメットパンデモニウム配信に合わせて、エッジとパンネロ共に真化解放が行われました!

今回の記事では、エッジとパンネロの上方修正や真化解放による変化、そして真化優先度について解説していきたいと思います。

筆者の今回のガチャは?

パンネロ真化完凸

パンネロを引いたので、とりあえず紫にしてみました。BRVあふれまくる模様。

エッジの真化解放性能

回避性能に特化したキャラに

エッジは、上方修正と真化解放により、「味方全員」への回避性能を得ました。

「分身」付与中味方全員の回避率100%に
「雷分身殺法」使用後「らいげき」使用回数回復
「雷分身殺法」は対象外にも50%のスプレッドダメージ

今までは、一時的に自身にターゲットを向け、残りはエッジにターゲット向いて回避できればいいな的なキャラでした。しかし、EXアビリティを回転させることで、より敵の攻撃を無効化することができるようになりました。

また、「雷分身殺法」使用時、「らいげき」の使用回数が回復することもポイントです!EXアビのリキャストが遅い分、よりアビリティを使用できるように調整されました。

エッジの弱い点

リキャストが遅く「分身」が維持できない
いまだアビリティの使用回数に難
早すぎて「分身」切れやすい

エッジのEXアビリティのリキャストは「おそい」で、アビ+アビ+アビでリキャストが丁度溜まる形になります。アビぶっぱすることで、1ターンだけ「分身」が付与されていない期間が生まれることになります。

しかし、アビリティ使用回数はそこまでぶっぱできるわけでもなく、また素早さが高く、敵の攻撃を多く受ける前に「分身」が切れることが難点です。

エッジの限界突破は?

限界突破数 効果内容
無凸
  • 「雷分身殺法」のBRV威力アップ
  • 「雷分身殺法」が対象外50%ダメージ追加
1凸
  • 最大BRV40%アップ
  • 攻撃力60%アップ
2凸
  • 「雷分身殺法」使用時「エブラーナの教え」2ACT延長
  • 「雷分身殺法」使用時「らいげき」の使用回数回復
  • 開幕10ACT「エブラーナの教え」付与
3凸
  • 「雷分身殺法」の威力増加し200%超過に
  • 通常攻撃が++変化に

エッジの限界突破は、2凸がおすすめです。エッジはアタッカーとして運用するよりも、タンクキャラの代用として採用することをおすすめします。

パンネロの真化解放性能

HP&BRV供給のスペシャリスト

パンネロは、上方修正&真化解放が行われた結果、よりBRV/HP供給力が高まりました!

固有バフによりバフ効果や通常攻撃が変化
「生殺与奪」は初期BRVに応じた数値でBRVダメージ(防御、耐性無視)
リジェネの供給力がずば抜けている

ワルツステップを選択することで、よりHPリジェネ量を増やすことができます。アルティメットパンデモニウムでは、HPリジェネ量が3,000を超えるため、スリップダメージに余裕で耐えることが可能になります。

「生殺与奪」は、最大で初期BRVの750%のBRVダメージを与えるため、ブレイクすることは出来ませんが、耐性を無視して敵のBRVを大幅に削ることが可能です。自身のBRVを吐き出さないことも特徴です。

加えて、「生殺与奪」は行動負荷がなく、連続行動してさらに自身のBRVを吐き出すことも可能です。

Jleg
Jleg
使用感的には、「ストーン」がないヤシュトラや、イグニスのような感じです。

ステップ詳細

ルンバステップ 【自身への効果】
初期BRV40%+攻撃力20%+素早さ20%アップ
【味方への効果】
攻撃力40%アップ
【通常攻撃変化】
BRV攻撃を使用する
ワルツステップ 【自身への効果】
初期BRV40%+攻撃力40%+素早さ40%アップ
【味方への効果】
HPリジェネ+BRVリジェネ
【通常攻撃変化】
攻撃力に応じたBRV加算

パンネロの弱い点

使い道が限られている
バフ枠を使いすぎている
素早さを上げることのデメリットも存在すること

パンネロは、個性的な性能ではあるものの、大きくとがった性能ではありません。サポーターとしては、他にも有用なキャラが多く存在するため、あえてパンネロを編成する必要がないことが弱みです。

加えて、バフ枠を4つ使うことも欠点です。キャラによっては、倍率の高い重要なバフなどを押し出してしまうため、非常に相性が悪いキャラが多く存在します。例えば、ティファが「気合」を使用した後にパンネロのバフを全て付与すると…、気合のバフが剥がれてしまいます…。

また、素早さを上げることのデメリットも存在します。EXアビリティのリキャストの溜まりが若干遅くなります。いつものリズムでリキャストが溜まらなくなるため、若干戦略がたてにくくなるでしょう。

パンネロの限界突破は?

限界突破数 効果内容
無凸
  • 「生殺与奪」で最大BRVの120%までBRV加算
  • 「生殺与奪」のステップの段階をアップ
1凸
  • 開幕のアビリティの使用回数を消費しない
  • 自身の奪う/加算するBRVの超過量を20%増加
2凸
  • 最大BRVを80%アップ
  • 攻撃力を80%アップ
3凸
  • 「生殺与奪」の威力が初期BRVの750%に
  • 「生殺与奪」使用時に味方のHP回復

パンネロを運用する場合は、2凸でも性能を発揮できると思います。HPを削る必要があるならば、完凸まで限界突破しましょう。

今回のガチャどんな人が狙うべき?

今回のガチャは、次元の最果て第9層に向けて、サポーターや壁役キャラが必要な人が引くべきです。

通常クエストの難易度CHAOSのために引く必要はありません。次元の最果てに向けて、少しでも戦力を補強したい人が引くべきでしょう。

Jleg
Jleg
そこまで引く必要があるガチャではありません。

まとめ

  • パンネロは特別活躍の場があるわけではない
  • エッジは壁役として採用できることも

いかがでしたでしょうか?想像していたよりは、控えめな性能調整がされたと思います。

これから来月にむけて、次元の最果て第9層に対応できるキャラが続々登場すると思うので、期待していきましょう!

ゲームの妖怪:オペラオムニア記事一覧はこちら!

ABOUT ME
Fec Jlegend
Fec Jlegend
ソーシャルゲームのWEBライターで、元グラフィッカー。PCゲームを中心に嗜んでおります。FF14では、Titanサーバーで活動中。現在はゲームよりも、WEBサイト運営やSEOに熱を上げています。