APEX Legends

【APEX】プラチナ3に上がって思ったこと…【RPを稼ぐ立ち回り】

こんにちは、へくじぇいです。

APEX Legendsがシーズン5になり、早2週間くらい?ブログの更新する暇もなく、アグレッシブにプレイを続けていましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?

今回のブログでは、プラチナ4からプラチナ3にやっと上がれたので、RP(ランクポイント)を上げるコツとか、僕自身モヤモヤしたことをちょっと書いていきます。

APEXで初めてのプラチナ3

APEX Legendsをシーズン0からスタートして800時間…、ようやくプラチナ4を脱出することができました。。

前回のシーズン4スプリット後半では、ファームのスピードとかも遅かったし、早くプラチナ帯に上がりすぎて、敵が強く萎えてしまってました。今回は有名人とのマッチングも期待しつつ、楽しみながら1週間ちょいプラチナ4に揉まれていました。

野良で招待されたパーティで5200まで伸ばしても、その後ソロで4800まで落としたり、なかなか厳しかったです。

プラチナ帯からのランクポイントの上げ方

シーズン5のスプリット前半のキングスキャニオンは、とにかく部隊数マジで減らないです。基本みんな漁夫待ちだし、ラウンド7収縮まで3、4部隊残ってるのも珍しくないのが辛い所。

ようやく野良でも、エイムに頼らないポイントを伸ばすコツを掴んだので、シェアしてみます。

  • エリア読みしてラウンド3,4の有利ポジションを確保
  • 初動以外で進化白で攻撃を仕掛けない
  • 有利ポジにいる敵に無理に詰めない
  • そもそも初動は絶対被るな
  • 初動装備が強力なら即1PT潰す
  • 立ち回り・ファームのスピードが超重要

大体はこんな感じです。それぞれしっかり解説していきますね

エリア読みで有利ポジ確保

シーズン5のキングスキャニオンは、エリア収縮のパターンが結構少ないです。そのため、ラウンド1の段階でも、ラウンド3,4で有利に戦えるポジションを確保できます。

へくじぇいの【負け試合】エリア読みで有利ポジ確保をwww.twitch.tvから視聴する

上記の動画は、ラウンド1の段階でエリアを読み、有利ポジションに物資を掻き集めてラウンド7まで安定した有利ポジを維持した試合です。例えば砲台なら、左端のトンネル側の建物が入るエリア、右側の大きな建物の角が最終まで入るエリアなどが代表的です。

当然キルポイントをとるチャンスは減りますが、順位を優先したい場合は特におすすめです。(とは言え、上記の試合で満額キルポとるチャンスは大いにありましたが…。)

キルポイントの取りやすさはエリアに応じて、特にマップ西側の場合はラウンド3や4の収縮で安置内へ移動する相手を、G7やSRでフォーカスしてポイントを確保しやすいです。

漁夫がきやすい場所で撃ち合わない

超重要なんですけど、安定を取るならば、漁夫が来やすい場所で戦うのは辞めたほうが良いと思います。

特にキャパシター〜羅生門間のマップ中央や、マーケット〜サルベージ付近で戦闘は、野良だとめちゃくちゃ難易度高いです。

正直プラチナ4で苦戦するような、僕を含む弱者は避けるべき場所だと思います。ここでやれる人たちはそもそもダイヤ帯にサクッと行ける人…。

有利ポジにいる敵を無理に叩かない

起点をサクッと作って落とせない場合、特に高所にいる有利ポジにいる敵を無理に叩くのは厳しいです。

例えば、クリプトEMPと同時にジップとかで高所にいる敵を叩く…みたいな起点を作れないなら、辞めたほうがいい。野良ならマジで。

自分たちのポジションが、他のパーティが詰めてこれない場所なら、ダウン狙って撃ち合ってもいいかも。少なくとも射線が通り過ぎる場所で、有利ポジにひたすらウィングマン撃つのは不毛なので辞めたほうが。

初動以外で進化白で攻撃を仕掛けない

中〜近距離での戦闘になる場合、特にレイスのようなインファイトがメインになるレジェンドが進化白のまま攻撃するのは、マジで部隊崩壊の原因の1つになります

もちろん、相手のアーマーが弱い場合や、格下相手ならアリだと思いますが、基本進化シールドは後衛に育ててもらうのが大事です。

最近の鉄板構成の「レイス・コースティック・レヴナント」ならば、コースティックが遠距離で育てるのが無難でしょう。ガスでも育つのでおすすめです。クリプトがいる場合は最優先で。

立ち回り・ファームのスピードが重要

プラチナ帯はダイヤ4までマッチングするため、ファーム・移動のスピードが超重要です。

味方が漁った場所をなんどもなぞるように漁っていると、漁るスピードの早いパーティにやられます…。打ち合いが少しでも長引けば余裕で漁夫が2PTくらい来ますし、戦闘後の漁りのスピードもサクっと。

移動も遅れていると、孤立したメンバーにフォーカス当てられて落ちます。早い段階でエリア有利ポジ取ったほうがいい、という話は、野良においてこのリスクを減らす意味もあります。

初動は絶対被るな

初動でキルポイントを取って…っていう稼ぎ方は、野良の場合マジで博打以外の何者でもないので辞めたほうがいいです。絶対被せないほうがいいです。これをやっていいのはフルパかと。

マスター帯(ダイヤ3以降)の配信を見ている方は特に分かっていると思いますが、マジで初動被らないようにジャンプしてます。航路にいくつか候補をおいておくことで、被りを減らせます。

PTチャットの暴言とか…

よく野良では、まともに削れてない相手に対して、ダウン取られた仲間がピン立てまくって音も鳴らしまくって、引くとめちゃくちゃ暴言吐く人がいました。

自分も悪かったなあと思いつつ、納得いかない部分も多いし、後々戦績サイトに暴言吐いていた人たちの成績を見に行ったんですが、面白いくらいに4800ポイント付近の人ばかりでした。

ぶっちゃけ、ほぼ全快の相手3人に対して、1ダウン取られたこちらがリスクを取ってまで助けに行く必要ないです。そりゃ、相手に何人かHPローがいて、ワンチャンありそうなら別ですが…。

無理に自分のダウンと引き換えに1ダウン取りに行った野良がいても、正直有利でもなんでもないので、起点を作れないなら潔く引く決断をするべきです。

まとめ

とりあえず、プラ3に上がって大事だと思ったことや、ちょっとモヤモヤした部分を書きました。ダイヤ目指して引き続きがんばります。

ABOUT ME
Fec Jlegend
Fec Jlegend
ソーシャルゲームのWEBライターで、元グラフィッカー。PCゲームを中心に嗜んでおります。FF14では、Titanサーバーで活動中。現在はゲームよりも、WEBサイト運営やSEOに熱を上げています。